-- 思潮社 -- 1979.7 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
多摩 都立収蔵庫 / J158/ ニ7/ 5 1122119401 和図参調
可否止   1979/07/24 0 (14)-1047

資料詳細

タイトル 西脇順三郎
タイトルカナ ニシワキ ジュンザブロウ
出版地 東京
出版者 思潮社
出版者カナ シチョウ シャ
出版年 1979.7
ページ数 278p
大きさ 21cm
シリーズ名 現代詩読本
シリーズ名のルビ等 ゲンダイ シ トクホン
シリーズ番号 9
内容注記 内容:討議 諧謔と幽玄の哀歌-古代と現代、永遠と時間の彼方へ-(田村隆一,篠田一士,鍵谷幸信) 代表詩30選(田村隆一,篠田一士,鍵谷幸信編) 史的展望への試み-『アムバルワリア』以前、ロマン主義詩と現代詩、ニーチェへの反歌-(新倉俊一) J・Nの「永遠」-直観からキーワードへ-(北村太郎) 西脇さんの西欧-覆された宝石-(宗左近) 西脇順三郎とボードレールーその詩論を中心として-(井上輝夫) 西脇順三郎と折口信夫-フォークロワの検証-(武田太郎) 西脇順三郎と滝口修造・散見-シュルレアリスムをめぐる遠心と求心-(鶴岡善久) 西脇さんの詩-その諧謔と俳句的リリシズムー(山本太郎) 西脇順三郎と高村光太郎-幻影と倫理-(関口篤) 西脇順三郎-超自然の美の世界の先駆者-(鮎川信夫) 灰色の菫-順三郎先生に-(田村隆一) 葫蘆行(会田綱雄) 青い羽根のあるコラージュ文-西脇順三郎氏に-(滝口修造) 西脇順三郎-その官能的詩観-(大岡) 西脇順三郎への回流-近代人の諧謔と古代人の哀愁-(飯島耕一) 西脇氏とヨーロッパーどぶろくとラテン語-(渋沢孝輔) 西脇と朔太郎-絶望の哲学からの自由-(那珂太郎) 西脇さんをめぐって-堅固で自在な世界-(粟津則雄) 永遠の淋しさ-その感受と認識-(入沢康夫) 西脇順三郎と象徴詩-脱我,絶空の世界へ-(窪田般弥) 雑記帳から-西脇氏の詩-(滝口修造) 『超現実主義詩論』を読んで-自然主義と超自然主義-(春山行夫) 宝石と朝-新しきものに古い匂ひ-(室生犀星) 西脇順三郎氏の詩論-純正詩論とソフィスト的詩論-(萩原朔太郎) MAISTER 萩原と僕-朔太郎からの出発(西脇順三郎) 『旅人かへらず』への手紙-風邪をひいた牧人-(北園克衛) 哀愁と諧謔-『壌歌』の詩的運動について-(菅野昭正) 西脇順三郎アラベスクー土人の祭礼-(吉岡実) わが詩人・画家・西脇順三郎氏-西脇ライブラリーと西脇ギャラリー(福原麟太郎) 光り輝く哀愁ー改作にみる詩人の願望-(佐藤朔) 貴婦人はアランポエポエとす-詩人と云われる程のバカでない-(稲垣足穂) 先駆的で完成的な詩-『西脇順三郎詩集』について-(高見順) 憂鬱の撃壌-永遠と悲哀と説教と-(寺田透) 創造と神秘の世界-詩的な詩論-(安藤一郎) 西脇順三郎の詩-教養と諧謔の罠-(村野四郎) いくつかのことば-手の届かぬところ-(富岡多恵子) pipe and pipe-独特のスタイルー(中桐雅夫) 原点的な超現実主義-『超現実主義詩論』との出会い-(木原孝一) 雑感-永遠の旅人の絵-(安東次男) アマルティアの角-午睡の前の植物の汁-(倉橋由美子) さきの世のものがたり-秘蔵の一巻『あむばるわりあ』-(塚本邦雄) 貧者の夏-くずれている学者-(土方巽) 脳髄の日記(西脇順三郎) 西脇順三郎年譜・参考文献目録:p.256-278
個人件名 西脇/ 順三郎
個人件名カナ ニシワキ,ジュンザブロウ
個人件名典拠番号 110000758100000
分類:NDC6A版 911.58
分類:NDC9版 911.52