佐治圭三教授古稀記念論文集編集委員会/編 -- くろしお出版 -- 2000.6 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 閉架 / 810.4/ 5023/ 2000 5001502679 和図参調
可否可   2000/11/06 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-87424-198-0
タイトル 日本と中国ことばの梯(かけはし)
タイトルカナ ニホン ト チュウゴク コトバ ノ カケハシ
タイトル関連情報 佐治圭三教授古稀記念論文集
タイトル関連情報読み サジ ケイゾウ キョウジュ コキ キネン ロンブンシュウ
著者名 佐治圭三教授古稀記念論文集編集委員会 /編
著者名典拠番号

210000800740000

出版地 東京
出版者 くろしお出版
出版者カナ クロシオ シュッパン
出版年 2000.6
ページ数 14,375p
大きさ 21cm
出版等に関する注記 佐治圭三の肖像あり
価格 ¥3800
内容注記 有契化と無契化 玉村文郎∥著. 自然会話における音素の添加,縮減と融合 朱春躍∥著. 人を表すことば 遠藤織枝∥著. 「ヒト」の指示用法に関する一考察 大西智之∥著. 「慮外」の意味変化について 欒竹民∥著. 「しきりに」と「ひっきりなしに」の意味・用法について 李志華∥著. 「はなやか」と「みやびか」について 劉力∥著. 和漢同形自動詞についての一考察 盧涛∥著. 「という」が「ガノ交替」に与える影響について 于振領∥著. 名詞文の主題構造 砂川有里子∥著. 助動詞タの意味の一つである「変化」の特徴について 孫敦夫∥著. 日本語受動文の真性動作主マーカーについて 張麟声∥著. 談話における「トイウカ」の機能 寺井妃呂美∥著. 話しことばにおける男女差としてみた「〜んだ」 谷部弘子∥著. 「〜を好きだ・嫌いだ」という表現について 山崎恵∥著. コ・ソの文脈指示について 路玉昌∥著. 虚辞助語惜しむらくは通じ難し 張偉雄∥著. プレースメントテストの開発にかかわる問題の一考察 小山宣子∥著. 中級学習者のための談話構成練習を考える 清水昭子∥著. 日本語初級学習者による学習過程の認知とマクロタスクの設定 浜田麻里∥著. 「日本語教育史」指導の意義について 水野マリ子∥著. 日本語教育における「現場の知」 由井紀久子∥著. 料理動詞「焼く」と“焼"について 袁偉∥著. 鏡像語を作る2,3の要因 中川正之∥著. 日中両語の「充電」の比喩的用法について 兪鳴蒙∥著. 日中言語対照の諸問題 王建康∥著. 「そうだ」「ようだ」「みたいだ」「らしい」の相違と中国語への訳し方 【ケイ】志強∥著. 否定表現の日中対照 黄麗華∥著. 日本語受動文の三類型と中国語の受動文 周啓虹∥著. 日本語の「た」と中国語の「了」との相違 張継英∥著.
内容紹介 「日本語学」「日本語教育学」「日本語と中国語の対照研究」の3つをテーマとする論文を収める。京都外国語大学外国語学部佐治圭三教授の古稀を記念した論文集。
書誌・年譜・年表 佐治圭三先生略歴・著作一覧:巻頭p3〜14
個人件名 佐治 圭三
個人件名カナ サジ ケイゾウ
個人件名典拠番号 110001553550000
個人件名 佐治/ 圭三
個人件名カナ サジ,ケイゾウ
一般件名 日本語∥記念論文集
一般件名カナ ニホンゴ∥キネンロンブンシュウ
一般件名 国語学 , 日本語教育(対外国人) , 中国語
一般件名カナ コクゴガク,ニホンゴ キョウイク(タイ ガイコクジン),チュウゴクゴ
一般件名典拠番号

510805800000000 , 510395300000000 , 511157500000000

分類:NDC9版 810.4

内容一覧

内容 内容ヨミ 著者名 著者名ヨミ ページ
有契化と無契化 ユウケイカ ト ムケイカ 玉村 文郎/著 タマムラ フミオ 3-12
自然会話における音素の添加,縮減と融合 シゼン カイワ ニ オケル オンソ ノ テンカ シュクゲン ト ユウゴウ 朱 春躍/著 シユ シユンヤク 13-28
人を表すことば ヒト オ アラワス コトバ 遠藤 織枝/著 エンドウ オリエ 29-50
「ヒト」の指示用法に関する一考察 ヒト ノ シジ ヨウホウ ニ カンスル イチ コウサツ 大西 智之/著 オオニシ トモユキ 51-66
「慮外」の意味変化について リョガイ ノ イミ ヘンカ ニ ツイテ 欒 竹民/著 ラン チクミン 67-80
「しきりに」と「ひっきりなしに」の意味・用法について シキリ ニ ト ヒッキリナシ ニ ノ イミ ヨウホウ ニ ツイテ 李 志華/著 リ シカ 81-90
「はなやか」と「みやびか」について ハナヤカ ト ミヤビカ ニ ツイテ 劉 力/著 リュウ リョク 91-110
和漢同形自動詞についての一考察 ワカン ドウケイ ジドウシ ニ ツイテ ノ イチ コウサツ 盧 濤/著 ロ トウ 111-120
「という」が「ガノ交替」に与える影響について ト イウ ガ ガノ コウタイ ニ アタエル エイキョウ ニ ツイテ 于 振領/著 ウ シンリョウ 121-137
名詞文の主題構造 メイシブン ノ シュダイ コウゾウ 砂川 有里子/著 スナカワ ユリコ 137-148
助動詞タの意味の一つである「変化」の特徴について ジョドウシ タ ノ イミ ノ ヒトツ デ アル ヘンカ ノ トクチョウ ニ ツイテ 孫 敦夫/著 ソン トンフ 149-156
日本語受動文の真性動作主マーカーについて ニホンゴ ジュドウブン ノ シンセイ ドウサシュ マーカー ニ ツイテ 張 麟声/著 チョウ リンセイ 157-174
談話における「トイウカ」の機能 ダンワ ニ オケル ト イウカ ノ キノウ 寺井 妃呂美/著 テライ ヒロミ 175-186
話しことばにおける男女差としてみた「〜んだ」 ハナシコトバ ニ オケル ダンジョサ ト シテ ミタ ンダ 谷部 弘子/著 ヤベ ヒロコ 187-196
「〜を好きだ・嫌いだ」という表現について オ スキ ダ キライ ダ ト イウ ヒョウゲン ニ ツイテ 山崎 恵/著 ヤマサキ メグミ 197-206
コ・ソの文脈指示について コ ソ ノ ブンミャク シジ ニ ツイテ 路 玉昌/著 ロ ギヨクシヨウ 207-216
虚辞助語惜しむらくは通じ難し キョジ ジョゴ オシムラク ワ ツウジガタシ 張 偉雄/著 チョウ イユウ 217-226
プレースメントテストの開発にかかわる問題の一考察 プレースメント テスト ノ カイハツ ニ カカワル モンダイ ノ イチ コウサツ 小山 宣子/著 オヤマ ノブコ 227-232
中級学習者のための談話構成練習を考える チュウキュウ ガクシュウシャ ノ タメ ノ ダンワ コウセイ レンシュウ オ カンガエル 清水 昭子/著 シミズ アキコ 233-240
日本語初級学習者による学習過程の認知とマクロタスクの設定 ニホンゴ ショキュウ ガクシュウシャ ニ ヨル ガクシュウ カテイ ノ ニンチ ト マクロ タスク ノ セッテイ 浜田 麻里/著 ハマダ マリ 241-250
「日本語教育史」指導の意義について ニホンゴ キョウイクシ シドウ ノ イギ ニ ツイテ 水野 マリ子/著 ミズノ マリコ 251-262
日本語教育における「現場の知」 ニホンゴ キョウイク ニ オケル ゲンバ ノ チ 由井 紀久子/著 ユイ キクコ 263-274
料理動詞「焼く」と“焼”について リョウリ ドウシ ヤク ト シャオ ニ ツイテ 袁 偉/著 エン イ 275-286
鏡像語を作る2,3の要因 キョウゾウゴ オ ツクル ニサン ノ ヨウイン 中川 正之/著 ナカガワ マサユキ 287-296
日中両語の「充電」の比喩的用法について ニッチュウ リョウゴ ノ ジュウデン ノ ヒユテキ ヨウホウ ニ ツイテ 兪 鳴蒙/著 ユ メーモー 297-306
日中言語対照の諸問題 ニッチュウ ゲンゴ タイショウ ノ ショモンダイ 王 建康/著 オウ ケンコウ 307-324
「そうだ」「ようだ」「みたいだ」「らしい」の相違と中国語への訳し方 ソウダ ヨウダ ミタイダ ラシイ ノ ソウイ ト チュウゴクゴ エノ ヤクシカタ 邢 志強/著 ケイ シキョウ 325-334
否定表現の日中対照 ヒテイ ヒョウゲン ノ ニッチュウ タイショウ 黄 麗華/著 ホアン リーホア 335-346
日本語受動文の三類型と中国語の受動文 ニホンゴ ジュドウブン ノ サンルイケイ ト チュウゴクゴ ノ ジュドウブン 周 啓虹/著 シユウ ケイコウ 347-358
日本語の「た」と中国語の「了」との相違 ニホンゴ ノ タ ト チュウゴクゴ ノ リャオ トノ ソウイ 張 継英/著 チヨウ ケイエイ 359-372