星野 徹/著 -- 思潮社 -- 2006.2 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
多摩 閉架 / 911.56/ ホ41/ 601 5012314194 和図参調
可否可   2006/04/19 0

資料詳細

ISBN 4-7837-0959-9
タイトル 星野徹詩集
タイトルカナ ホシノ トオル シシュウ
著者名 星野 徹 /著
著者名典拠番号

110000881470000

出版地 東京
出版者 思潮社
出版者カナ シチョウシャ
出版年 2006.2
ページ数 160p
大きさ 19cm
シリーズ名 現代詩文庫
シリーズ名のルビ等 ゲンダイシ ブンコ
シリーズ番号 184
シリーズ番号読み 184
価格 ¥1165
内容注記 内容:から <花鳥>から <芭蕉四十一篇>から <玄猿>から <今様雑歌>から <範疇論>から <落毛鈔>から <城その他>から から <曖昧な森>から <原石探し>から <祭その他>から <楽器または>から <フランス南西部ラスコー村から>から 管見二題 ルネッサンス期、シドニー卿の<物言う絵> J・E・ハリスンの『古代の芸術と祭祀』 夢と神話 形而上詩の心臓のイメジ ジョージ・ハーバートの詩篇「犠牲」をどう読むべきか. 均衡と跳躍 笠井嗣夫著. 疾駆する詩人の笑い 武子和幸著. ドッペルゲンゲルの妙 関口篤著から. <花鳥>から. <芭蕉四十一篇>から. <玄猿>から. <今様雑歌>から. <範疇論>から. <落毛鈔>から. <城その他>から. から. <曖昧な森>から. <原石探し>から. <祭その他>から. <楽器または>から. <フランス南西部ラスコー村から>から. 管見二題. ルネッサンス期、シドニー卿の<物言う絵>. J・E・ハリスンの『古代の芸術と祭祀』. 夢と神話. 形而上詩の心臓のイメジ. ジョージ・ハーバートの詩篇「犠牲」をどう読むべきか. 均衡と跳躍 笠井嗣夫∥著. 疾駆する詩人の笑い 武子和幸∥著. ドッペルゲンゲルの妙 関口篤∥著
内容紹介 「PERSONAE」「花鳥」「芭蕉四十一篇」「玄猿」「今様雑歌」「範疇論」「落毛鈔」「城その他」「曖昧な森」など、既刊詩集の全てを収録。評論、エッセイや、笠井嗣夫、武子和幸らによる詩人論、作品論も併録する。
分類:NDC9版 911.56

内容一覧

内容 内容ヨミ 著者名 著者名ヨミ ページ
<PERSONAE>から / 詩集 ペルソナ カラ 10-19
<花鳥>から / 詩集 カチョウ カラ 19-23
<芭蕉四十一篇>から / 詩集 バショウ ヨンジュウイッペン カラ 24-27
<玄猿>から / 詩集 ゲンエン カラ 28-33
<今様雑歌>から / 詩集 イマヨウ ゾウカ カラ 34-36
<範疇論>から / 詩集 ハンチュウロン カラ 37-41
<落毛鈔>から / 詩集 ラクモウショウ カラ 41-45
<城その他>から / 詩集 シロ ソノタ カラ 45-50
<Quo Vadis?>から / 詩集 クオ ヴァディス カラ 50-61
<曖昧な森>から / 詩集 アイマイ ナ モリ カラ 62-67
<原石探し>から / 詩集 ゲンセキサガシ カラ 67-73
<祭その他>から / 詩集 マツリ ソノタ カラ 73-83
<楽器または>から / 詩集 ガッキ マタワ カラ 83-89
<フランス南西部ラスコー村から>から / 詩集 フランス ナンセイブ ラスコームラ カラ カラ 89-99
管見二題 / 西脇順三郎と村野四郎 / 評論・エッセイ カンケン ニダイ 102-105
ルネッサンス期、シドニー卿の<物言う絵> / 評論・エッセイ ルネッサンスキ シドニー キョウ ノ モノ イウ エ 106-111
J・E・ハリスンの『古代の芸術と祭祀』 / 評論・エッセイ ジェー イー ハリスン ノ コダイ ノ ゲイジュツ ト サイシ 112-117
夢と神話 / 評論・エッセイ ユメ ト シンワ 118-124
形而上詩の心臓のイメジ / 評論・エッセイ ケイジジョウシ ノ シンゾウ ノ イメジ 125-131
ジョージ・ハーバートの詩篇「犠牲」をどう読むべきか / 評論・エッセイ ジョージ ハーバート ノ シヘン イケニエ オ ドウ ヨムベキカ 131-144
均衡と跳躍 / 詩人論・作品論 キンコウ ト チョウヤク 笠井 嗣夫/著 カサイ ツギオ 146-153
疾駆する詩人の笑い / 詩人論・作品論 シック スル シジン ノ ワライ 武子 和幸/著 タケシ カズユキ 153-157
ドッペルゲンゲルの妙 / 詩人論・作品論 ドッペルゲンゲル ノ ミョウ 関口 篤/著 セキグチ アツシ 157-160