松澤 和宏/編著 -- 右文書院 -- 2007.7 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 閉架 / 904.0/ 5106/ 2007 5013895935 和図参調
可否可   2007/08/28 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-8421-0089-0
ISBN13桁 978-4-8421-0089-0
タイトル これからの文学研究と思想の地平
タイトルカナ コレカラ ノ ブンガク ケンキュウ ト シソウ ノ チヘイ
著者名 松澤 和宏 /編著, 田中 実 /編著
著者名典拠番号

110002676370000 , 110000625490000

出版地 東京
出版者 右文書院
出版者カナ ユウブン ショイン
出版年 2007.7
ページ数 13,340,4p
大きさ 21cm
価格 ¥3400
内容注記 ロラン・バルト『明るい部屋』とソシュール 松澤和宏∥著. 国文学に「偉大な敗北」はあるか 前田雅之∥著. 間テクスト性 原田邦夫∥著. 小説ディスクールの戦略 赤羽研三∥著. 詩のテクストと<声> 高木裕∥著. テキストの外から、そしてテキストの外へ 吉田裕∥著. 十八世紀フランスの饒舌な他者 宮本陽子∥著. 記憶と表象 原仁司∥著. デモクラシーと人間 宮代康丈∥著. 社会科学と批評の間 宇野重規∥著. 語りと記憶 亀井秀雄∥著. <読み>の更新 馬場重行∥著. 小説ノヴェルロマンとは何か 中山眞彦∥著. 文学への懐疑 菅谷憲興∥著. 大学改革の中の文学教育・文学研究 服部康喜∥著. 作品論・テクスト論・文化研究 岩佐壮四郎∥著. <批評>の復権、<文学>の復権 佐藤泰正∥著. 小説は何故(Why)に応答する 田中実∥著. テクストの解釈学へ 松澤和宏∥著
内容紹介 80年代以降、混迷の度を深める文学研究・文学教育研究界。日本近代文学研究者とフランス文学研究者が、原理的地平からの文学再生・再建を提言する。
一般件名 文学∥論文集
一般件名カナ ブンガク∥ロンブンシュウ
一般件名 文学
一般件名カナ ブンガク
一般件名典拠番号

511547100000000

分類:NDC9版 904

内容一覧

内容 内容ヨミ 著者名 著者名ヨミ ページ
ロラン・バルト『明るい部屋』とソシュール / 審美的個人主義・共通感覚・伝統的時間をめぐって ロラン バルト アカルイ ヘヤ ト ソシュール 松澤 和宏/著 マツザワ カズヒロ 3-26
国文学に「偉大な敗北」はあるか / 人文学の総崩壊を目前にして コクブンガク ニ イダイ ナ ハイボク ワ アルカ 前田 雅之/著 マエダ マサユキ 27-51
間テクスト性 カンテクストセイ 原田 邦夫/著 ハラダ クニオ 53-66
小説ディスクールの戦略 ショウセツ ディスクール ノ センリャク 赤羽 研三/著 アカバ ケンゾウ 67-81
詩のテクストと<声> シ ノ テクスト ト コエ 高木 裕/著 タカギ ユタカ 83-106
テキストの外から、そしてテキストの外へ テキスト ノ ソト カラ ソシテ テキスト ノ ソト エ 吉田 裕/著 ヨシダ ヒロシ 107-122
十八世紀フランスの饒舌な他者 / サド ジュウハッセイキ フランス ノ ジョウゼツ ナ タシャ 宮本 陽子/著 ミヤモト ヨウコ 123-136
記憶と表象 / ナラティヴをめぐる随想的断章 キオク ト ヒョウショウ 原 仁司/著 ハラ ヒトシ 139-156
デモクラシーと人間 / トクヴィルの政治哲学 デモクラシー ト ニンゲン 宮代 康丈/著 ミヤシロ ヤスタケ 157-177
社会科学と批評の間 / 戦後日本における知の連関 シャカイ カガク ト ヒヒョウ ノ アイダ 宇野 重規/著 ウノ シゲキ 179-194
語りと記憶 / 『山月記』と多喜二の二作品 カタリ ト キオク 亀井 秀雄/著 カメイ ヒデオ 197-218
<読み>の更新 / 浜田廣介「鬼の涙」を読む ヨミ ノ コウシン 馬場 重行/著 ババ シゲユキ 219-233
小説/ノヴェル/ロマンとは何か / 概説と私見 ショウセツ ノヴェル ロマン トワ ナニカ 中山 眞彦/著 ナカヤマ マサヒコ 237-249
文学への懐疑 / 中村光夫を文学の現在に取り戻すために ブンガク エノ カイギ 菅谷 憲興/著 スガヤ ノリオキ 251-257
大学改革の中の文学教育・文学研究 ダイガク カイカク ノ ナカ ノ ブンガク キョウイク ブンガク ケンキュウ 服部 康喜/著 ハットリ ヤスキ 259-273
作品論・テクスト論・文化研究 / グローバル化のなかの文学研究 サクヒンロン テクストロン ブンカ ケンキュウ 岩佐 壮四郎/著 イワサ ソウシロウ 275-290
<批評>の復権、<文学>の復権 / <近代文学の終り>という発言をめぐって ヒヒョウ ノ フッケン ブンガク ノ フッケン 佐藤 泰正/著 サトウ ヤスマサ 291-308
小説は何故(Why)に応答する / 日本近代文学研究復権の試み ショウセツ ワ ナゼ ホワイ ニ オウトウ スル 田中 実/著 タナカ ミノル 309-328
テクストの解釈学へ / あとがきに代えて テクスト ノ カイシャクガク エ 松澤 和宏/著 マツザワ カズヒロ 329-340