ヘンリー・ブレイディ/編 -- 勁草書房 -- 2008.8 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 閉架 / 301.6/ 5017/ 2008 5015695693 和図参調
可否可   2008/10/20 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-326-30176-8
ISBN13桁 978-4-326-30176-8
タイトル 社会科学の方法論争
タイトルカナ シャカイ カガク ノ ホウホウ ロンソウ
タイトル関連情報 多様な分析道具と共通の基準
タイトル関連情報読み タヨウ ナ ブンセキ ドウグ ト キョウツウ ノ キジュン
著者名 ヘンリー・ブレイディ /編, デヴィッド・コリアー /編, 泉川 泰博 /訳, 宮下 明聡 /訳
著者名典拠番号

120002453260000 , 120002453280000 , 110005126690000 , 110004082890000

出版地 東京
出版者 勁草書房
出版者カナ ケイソウ ショボウ
出版年 2008.8
ページ数 14,384p
大きさ 22cm
原タイトル注記 原タイトル:Rethinking social inquiry
価格 ¥4700
内容注記 方法論の再検討 ヘンリー・ブレイディ∥ほか著. 基準の追求 デヴィッド・コリアー∥ほか著. 定量的研究様式は定性的研究者にとってどの程度有効か ヘンリー・ブレイディ∥著. 定量帝国主義の果たされぬ約束 ラリー・バーテルズ∥著. 社会科学の推論はいかに逸脱事例を見落としているか ロナルド・ロガウスキー∥著. 事例選択バイアスに関する定量的見解の行き過ぎた主張 デヴィッド・コリアー∥著. 定性的研究の分析道具 ジェラルド・ムンク∥著. 事例志向型研究からの5つの挑戦 チャールズ・レイガン∥著. 事例研究と定量的世界観の限界 ティモシー・マキューン∥著. 定量的手法と定性的手法の架け橋 シドニー・タロウ∥著. 研究デザインの重要性 ゲアリー・キング∥ほか著. DSI批判,統計理論の見解,トレードオフ デヴィッド・コリアー∥ほか著. 因果的推論における説得力の源泉 デヴィッド・コリアー∥ほか著. データセット観察vs.因果プロセス観察 ヘンリー・ブレイディ∥著
内容紹介 どうすれば「科学的」な研究ができるのか? 真にすぐれた分析手法とは? 定量的手法と定性的手法の長所を効果的にいかす方法を考察。方法論争が根底から理解できる、社会科学の必読論文集。用語解説つき。
書誌・年譜・年表 文献:p343〜366
一般件名 社会科学∥方法論
一般件名カナ シャカイカガク∥ホウホウロン
一般件名 社会科学
一般件名カナ シャカイ カガク
一般件名典拠番号

510406100000000

分類:NDC9版 301.6

内容一覧

内容 内容ヨミ 著者名 著者名ヨミ ページ
方法論の再検討 ホウホウロン ノ サイケントウ ヘンリー・ブレイディ/ほか著 ブレイディ ヘンリー E. 3-22
基準の追求 / 『社会科学のリサーチ・デザイン』の検証 キジュン ノ ツイキュウ デヴィッド・コリアー/ほか著 コリアー デヴィッド 23-55
定量的研究様式は定性的研究者にとってどの程度有効か テイリョウテキ ケンキュウ ヨウシキ ワ テイセイテキ ケンキュウシャ ニ トッテ ドノ テイド ユウコウ カ ヘンリー・ブレイディ/著 ブレイディ ヘンリー E. 59-75
定量帝国主義の果たされぬ約束 テイリョウ テイコク シュギ ノ ハタサレヌ ヤクソク ラリー・バーテルズ/著 バーテルズ ラリー M. 77-83
社会科学の推論はいかに逸脱事例を見落としているか シャカイ カガク ノ スイロン ワ イカニ イツダツ ジレイ オ ミオトシテ イルカ ロナルド・ロガウスキー/著 ロガウスキー ロナルド 85-95
事例選択バイアスに関する定量的見解の行き過ぎた主張 ジレイ センタク バイアス ニ カンスル テイリョウテキ ケンカイ ノ イキスギタ シュチョウ デヴィッド・コリアー/著 コリアー デヴィッド 97-116
定性的研究の分析道具 テイセイテキ ケンキュウ ノ ブンセキ ドウグ ジェラルド・ムンク/著 ムンク ジェラルド L. 119-135
事例志向型研究からの5つの挑戦 / 変数志向型研究はどう応えるか ジレイ シコウガタ ケンキュウ カラ ノ イツツ ノ チョウセン チャールズ・レイガン/著 レイガン チャールズ C. 137-155
事例研究と定量的世界観の限界 ジレイ ケンキュウ ト テイリョウテキ セカイカン ノ ゲンカイ ティモシー・マキューン/著 マキューン ティモシー J. 157-190
定量的手法と定性的手法の架け橋 テイリョウテキ シュホウ ト テイセイテキ シュホウ ノ カケハシ シドニー・タロウ/著 タロー シドニー G. 193-203
研究デザインの重要性 ケンキュウ デザイン ノ ジュウヨウセイ ゲアリー・キング/ほか著 キング ゲアリー 205-218
DSI批判,統計理論の見解,トレードオフ / 議論の総括 ディーエスアイ ヒハン トウケイ リロン ノ ケンカイ トレード オフ デヴィッド・コリアー/ほか著 コリアー デヴィッド 221-257
因果的推論における説得力の源泉 / DSIとは異なる方法論の構築に向けて インガテキ スイロン ニ オケル セットクリョク ノ ゲンセン デヴィッド・コリアー/ほか著 コリアー デヴィッド 259-299
データセット観察vs.因果プロセス観察 / 2000年アメリカ大統領選挙 データ セット カンサツ ヴイエス インガ プロセス カンサツ ヘンリー・ブレイディ/著 ブレイディ ヘンリー E. 301-306