樋口 輝彦/編 -- 日本評論社 -- 2010.8 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 閉架 / 493.7/ 6909/ 2010 5018788900 和図参調
可否可   2010/09/10 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-535-98324-3
ISBN13桁 978-4-535-98324-3
タイトル 向精神薬開発の現状と課題
タイトルカナ コウセイシンヤク カイハツ ノ ゲンジョウ ト カダイ
タイトル関連情報 CNS領域の治験をめぐって
タイトル関連情報読み シーエヌエス リョウイキ ノ チケン オ メグッテ
著者名 樋口 輝彦 /編, 不安抑うつ臨床研究会 /編
著者名典拠番号

110001742800000 , 210000618920000

出版地 東京
出版者 日本評論社
出版者カナ ニホン ヒョウロンシャ
出版年 2010.8
ページ数 5,151p
大きさ 22cm
会期会場に関する注記 会期・会場:2009年8月9日(日) 蓼科三井の森セミナーハウスケセラセラ 主催:不安・抑うつ臨床研究会
特定事項に属さない注記 会期・会場:2009年8月9日(日) 蓼科三井の森セミナーハウスケセラセラ 主催:不安・抑うつ臨床研究会
価格 ¥2800
内容注記 精神科薬物療法の50年 神庭重信∥述, 平安良雄∥述, 樋口輝彦∥述. 日本の治験の現状と課題 棗田豊∥著. 向精神薬の治験の現状と課題 樋口輝彦∥著. 向精神薬の治験の進め方 中林哲夫∥著. うつ病および統合失調症の治療薬の開発 宇山佳明∥著. 抗精神病薬開発の基本問題 石郷岡純∥著. ドパミン過剰仮説を越えて 岸本年史∥著. 抗うつ薬の現状と新薬開発の課題 三浦智史∥著, 神庭重信∥著. 不安・抑うつ障害治療薬の治験を成功させるために 貝谷久宣∥著, 兼子唯∥著. 新たな睡眠薬の開発に向けて 井上雄一∥著. 治験経験から学んだこと 原井宏明∥著 精神科薬物療法の50年 神庭重信∥述, 平安良雄∥述, 樋口輝彦∥述. 日本の治験の現状と課題 棗田豊∥著. 向精神薬の治験の現状と課題 樋口輝彦∥著. 向精神薬の治験の進め方 中林哲夫∥著. うつ病および統合失調症の治療薬の開発 宇山佳明∥著. 抗精神病薬開発の基本問題 石郷岡純∥著. ドパミン過剰仮説を越えて 岸本年史∥著. 抗うつ薬の現状と新薬開発の課題 三浦智史∥著, 神庭重信∥著. 不安・抑うつ障害治療薬の治験を成功させるために 貝谷久宣∥著, 兼子唯∥著. 新たな睡眠薬の開発に向けて 井上雄一∥著. 治験経験から学んだこと 原井宏明∥著
内容紹介 向精神薬開発の歴史を振り返るとともに、わが国の治験の現状と課題を整理し、今後の治験の進め方と新薬開発の動向について考察する。2009年に開催された第10回八ケ岳シンポジウム「CNS領域の治験」をもとに編集。
一般件名 向精神薬,試験(医薬品)
一般件名カナ コウセイシンヤク,シケン(イヤクヒン)
一般件名 向精神薬 , 医薬品-試験
一般件名カナ コウセイシンヤク,イヤクヒン-シケン
一般件名典拠番号

510759900000000 , 510487010020000

分類:NDC9版 493.72

内容一覧

内容 内容ヨミ 著者名 著者名ヨミ ページ
精神科薬物療法の50年 / 座談会 セイシンカ ヤクブツ リョウホウ ノ ゴジュウネン 神庭 重信/述 カンバ シゲノブ 1-20
日本の治験の現状と課題 ニホン ノ チケン ノ ゲンジョウ ト カダイ 棗田 豊/著 ナツメダ ユタカ 21-30
向精神薬の治験の現状と課題 コウセイシンヤク ノ チケン ノ ゲンジョウ ト カダイ 樋口 輝彦/著 ヒグチ テルヒコ 31-40
向精神薬の治験の進め方 / 抗うつ薬の臨床試験を中心に コウセイシンヤク ノ チケン ノ ススメカタ 中林 哲夫/著 ナカバヤシ テツオ 41-52
うつ病および統合失調症の治療薬の開発 / 開発ストラテジーの多様化と日本の貢献 ウツビョウ オヨビ トウゴウ シッチョウショウ ノ チリョウヤク ノ カイハツ 宇山 佳明/著 ウヤマ ヨシアキ 53-65
抗精神病薬開発の基本問題 コウセイシンビョウヤク カイハツ ノ キホン モンダイ 石郷岡 純/著 イシゴウオカ ジュン 67-76
ドパミン過剰仮説を越えて / 病態生理の新しい知見と抗精神病薬の開発 ドパミン カジョウ カセツ オ コエテ 岸本 年史/著 キシモト トシフミ 77-88
抗うつ薬の現状と新薬開発の課題 コウウツヤク ノ ゲンジョウ ト シンヤク カイハツ ノ カダイ 三浦 智史/著 ミウラ トモフミ 89-102
不安・抑うつ障害治療薬の治験を成功させるために フアン ヨクウツ ショウガイ チリョウヤク ノ チケン オ セイコウ サセル タメ ニ 貝谷 久宣/著 カイヤ ヒサノブ 103-116
新たな睡眠薬の開発に向けて / 睡眠薬の薬効評価の課題 アラタ ナ スイミンヤク ノ カイハツ ニ ムケテ 井上 雄一/著 イノウエ ユウイチ 117-130
治験経験から学んだこと / プラセボ反応と臨床家のバイアス チケン ケイケン カラ マナンダ コト 原井 宏明/著 ハライ ヒロアキ 131-151