和泉 司/著 -- ひつじ書房 -- 2012.2 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 3FC開 / 910.26/ 6328/ 2012 7100357471 和図参調 配架図
可否可   2012/04/10 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-89476-590-0
ISBN13桁 978-4-89476-590-0
タイトル 日本統治期台湾と帝国の<文壇>
タイトルカナ ニホン トウチキ タイワン ト テイコク ノ ブンダン
タイトル関連情報 <文学懸賞>がつくる<日本語文学>
タイトル関連情報読み ブンガク ケンショウ ガ ツクル ニホンゴ ブンガク
著者名 和泉 司 /著
著者名典拠番号

110004405770000

出版地 東京
出版者 ひつじ書房
出版者カナ ヒツジ ショボウ
出版年 2012.2
ページ数 11,434p
大きさ 22cm
シリーズ名 ひつじ研究叢書
シリーズ名のルビ等 ヒツジ ケンキュウ ソウショ
シリーズ番号 文学編5
シリーズ番号読み ブンガクヘン-5
価格 ¥6600
内容紹介 日本統治期台湾の「日本語文学」運動を、日本帝国の「中央文壇」との関わりの中で捉え直す。中央文壇と植民地文壇の両者を接続し、後に切断することになる回路としての「文学懸賞」を中心に取り上げる。
書誌・年譜・年表 文献:p413~420
一般件名 日本文学-歴史-昭和前期-ndlsh-01036552
一般件名カナ ニホンブンガク-レキシ-ショウワゼンキ-01036552
一般件名 日本文学-歴史-昭和時代 , 台湾-歴史-日本統治時代 , 文学賞
一般件名カナ ニホン ブンガク-レキシ-ショウワ ジダイ,タイワン-レキシ-ニホン トウチ ジダイ,ブンガクショウ
一般件名典拠番号

510401810180000 , 520379610470000 , 511547800000000

分類:NDC9版 910.263

目次

序 <文壇>にとっての<中央>と<地方>、その先の<植民地>
第一部 憧れの<中央文壇>
第一章 日本統治期台湾における<日本語文学>の始まり
1 <台湾新文学運動>の一九三〇年代
2 巫永福「首と体」の<帝都>体験
3 <中央文壇>デビューという「伝説」と「戦略」
4 盛り上がる<中央文壇>志向の行方と<文学懸賞>
第二章 『改造』懸賞創作の行先
1 『改造』懸賞創作登場の背景
2 『改造』と改造社、山本実彦
3 <懸賞作家>の登場
4 『改造』懸賞創作
5 竜胆寺雄から芹沢光治良へ-初期の傾向
6 田郷虎雄「印度」とその後-<懸賞作家>と<戦争>と<文壇>と
7 「国際化」から「外地」へ-懸賞創作の盛況から低落へ
8 芥川賞の登場と『改造』懸賞創作
第三章 懸賞当選作としての「パパイヤのある街」
1 「懸賞創作」と「パパイヤのある街」
2 「パパイヤのある街」の描いているもの
3 <中央文壇>における「パパイヤのある街」
4 <中央文壇>における同時代評-「高評価」を受けたか
5 読み込まれた「パパイヤのある街」
6 「パパイヤのある街」を乗り越えるために
付 その後の『改造』懸賞創作
第二部 <自律>を模索する<台湾文壇>
第四章 西川満と黄得時
1 西川満の三〇年代-<台湾新文学運動>期ではない三〇年代として
2 四〇年代<日本語文学>最盛期の始まり-『文芸台湾』と『台湾文学』
3 <台湾文壇>における黄得時
4 「台湾文壇建設論」への現在の評価
5 注目されなかった箇所-「五」以降
6 「当局の援助」-自立・独自性との整合性
7 「台湾文壇建設論」以後の黄得時
第五章 青年が「志願」に至るまで
1 周金波「志願兵」を巡る状況
2 <接続詞>としての台湾意識
3 制約ある「私」の語り
4 「私」の認める価値観
5 「私」とその世代
6 偽装の親友像-張明貴と高進六
7 「議論」という虚構のやりとり
8 青年間の断絶
9 「私」と張明貴
第六章 新垣宏一「砂塵」論
1 新垣宏一と台南と佐藤春夫「女誡扇綺譚」
2 在台日本人作家とそのテクストを扱うために目指すこと
3 植民地の教員と女子生徒
4 異分子としての宝玉
5 <読者>は誰か
6 「女誡扇綺譚」についての二つの語り
7 野沢と<語り手>
8 おわりに
第七章 錯綜する<内>と<外>
1 <台湾新文学運動>後と龍瑛宗
2 「蓮霧の庭」の時間とテクストと<皇民文学>
3 <皇民文学>からの逸脱
4 <交流>の<内>と<外>-台湾人の側から
5 <交流>の<内>と<外>-在台日本人の側から
6 「描く」台湾人と「描かれる」在台日本人
7 「蓮霧の庭」の<内>と<外>
第八章 <皇民文学>と<戦争>
1 はじめに
2 <皇民文学>から「脱するための分析」を経て
3 「奔流」の描く<皇民化>とは
4 「奔流」と<戦争>
5 再び周金波へ-「助教」を読む
6 『決戦台湾小説集』について
7 不釣り合いな蓮本と国民道場
8 山田教官の沈黙に対する蓮本の反応
9 <国語>能力と徴兵制
終章 日本統治期後の日本語作家たち
1 戦後/<光復>後の台湾における<日本語>
2 敗戦/<光復>直後の龍瑛宗と「青天白日旗」
3 戦後/<光復>後に語られる「龍瑛宗」像
4 戦後日本<文壇>における日本語作家達