山田 礼子/著 -- 東信堂 -- 2012.3 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 2F開 / 377.1/ 5449/ 2012 7100395098 和図参調 配架図
可否可   2012/04/24 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-7989-0112-1
ISBN13桁 978-4-7989-0112-1
タイトル 学士課程教育の質保証へむけて
タイトルカナ ガクシ カテイ キョウイク ノ シツホショウ エ ムケテ
タイトル関連情報 学生調査と初年次教育からみえてきたもの
タイトル関連情報読み ガクセイ チョウサ ト ショネンジ キョウイク カラ ミエテ キタ モノ
著者名 山田 礼子 /著
著者名典拠番号

110002463280000

出版地 東京
出版者 東信堂
出版者カナ トウシンドウ
出版年 2012.3
ページ数 9,273p
大きさ 22cm
価格 ¥3200
内容紹介 保証されるべき教育の質とは何か。学生の質向上は具体的にどう測られるのか。世界の高等教育が追究する普遍的技能、学生の成長の測定手法開発、初年次から学士課程を貫通する教育のあり方等、現代大学教育の焦点的課題に迫る。
書誌・年譜・年表 文献:p241~257
一般件名 教育課程-大学-ndlsh-01212615
一般件名カナ キョウイク カテイ-ダイガク-01212615
一般件名 教育課程(大学)
一般件名カナ キョウイク カテイ(ダイガク)
一般件名典拠番号

510662900000000

分類:NDC9版 377.15

目次

序 大学教育の質保証にむけて
1.研究をまとめるにあたって
2.大学教育の質保証とは
3.本研究の限界について
第一部 高等教育の質保証の動向と評価
第1章 世界の高等教育政策と質保証
はじめに
1.高等教育政策の転換
2.大学のユニバーサル化と高等教育の質保証
3.ハーバード大学とメルボルン大学の学士課程教育の動向
おわりに
第2章 学習成果測定方法の考察
1.なぜ学習成果の測定が大事か
2.学習成果(ラーニング・アウトカム)の測定動向
3.米国におけるアセスメントの動向
4.米国におけるアセスメントの分類
おわりに
第3章 学生調査による大学教育の成果測定
1.問題の所在
2.学習成果をめぐる2つの評価方法
3.米国の学生調査とカレッジ・インパクト研究
4.JCIRP開発の背景と研究成果
5.JCIRPからわかること
6.JCIRPの課題
おわりに
第4章 学生の情緒的側面の充実と教育成果
はじめに
1.日本における学生研究
2.これまでの研究と分析枠組み
3.データについて
4.日米の学生のエンゲージメントと自己評価
5.情緒的側面の充実と学生の教育成果との関連性
おわりに
第5章 大規模継続型学生調査の可能性
はじめに
1.教育評価の測定における学生調査の意義と限界
2.マルチレベル・モデル分析によるカレッジ・インパクトの検証
3.データの概要とモデルの設定
4.分析結果
5.誤差項に見られる大学ごとの差異の推定
6.本研究のインプリケーションと課題
第6章 教育の質保証とIR
はじめに
1.IR部門の役割
2.IRと情報公開
3.米国の大学におけるIRの役割と概要
4.米国におけるIRをめぐる環境と組織
5.学生調査と教学IR
6.日本における学生調査と教学IR
7.4大学連携による教学IR
おわりに
第二部 学士課程教育の保証
第7章 『学士課程教育』が提起する課題とは
はじめに
1.2008年調査と2009年調査
2.学士力の構成要素をどう測定し、保証するか
3.汎用的能力測定の複雑性
4.標準試験開発に伴う妥当性と信頼性
5.日本の学士課程教育の成果の評価の特長
おわりに
第8章 大学における初年次教育の展開
はじめに
1.日米における初年次教育拡大への軌跡
2.現在の米国における初年次教育
3.日米の初年次教育調査
4.2007年調査結果の対応分析
5.初年次教育の効果の規定要因
6.考察
おわりに
第9章 初年次教育のための組織体制づくり
はじめに
1.大学教育関連センター設置の現状
2.国立大学と私立大学の管理運営
3.同志社大学教育開発センターと組織的特徴
4.同志社大学の初年次教育推進の方針と方法
5.初年次教育の効果
おわりに
第10章 初年次教育の展開と課題
はじめに
1.日本における初年次教育の急展開
2.初年次教育の現状
3.特色GP採択プログラムと初年次教育
4.初年次教育におけるアクティブ・ラーニングの活用
5.初年次教育の課題
6.日米の中等教育と高等教育の接続概念
7.米国の入学適性試験とAPプログラム
8.初年次教育の多様化
第11章 大学から見た高校との接続
1.問題の設定
2.高大接続に関する論点の整理
3.新入生調査からみる新入生のプロフィール
4.初年次教育と高大接続の問題
5.米国における教育接続と日本の教育接続の新たな展開
第12章 米国の高等教育におけるアーティキュレーション
はじめに
1.カリフォルニア州の公立高等教育システム
2.カリフォルニア州におけるアーティキュレーション
3.転学・編入学システムの意義と課題