森口 佑介/著 -- 京都大学学術出版会 -- 2012.6 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 3FC開 / 141.7/ 5065/ 2012 7100982421 和図参調 配架図
可否可   2012/10/05 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-87698-227-1
ISBN13桁 978-4-87698-227-1
タイトル わたしを律するわたし
タイトルカナ ワタシ オ リッスル ワタシ
タイトル関連情報 子どもの抑制機能の発達
タイトル関連情報読み コドモ ノ ヨクセイ キノウ ノ ハッタツ
著者名 森口 佑介 /著
著者名典拠番号

110006209990000

出版地 京都
出版者 京都大学学術出版会
出版者カナ キョウト ダイガク ガクジュツ シュッパンカイ
出版年 2012.6
ページ数 5,193p
大きさ 22cm
シリーズ名 プリミエ・コレクション
シリーズ名のルビ等 プリミエ コレクション
シリーズ番号 18
シリーズ番号読み 18
価格 ¥2400
内容紹介 人が自分の行動や衝動を抑える能力「抑制機能」は生まれながらにして備わっているわけではない。抑制機能は子どもの中でどのように発達し、どのような役割を果たすのか、実験心理学の視点から迫る。
書誌・年譜・年表 文献:p161~187
一般件名 乳幼児心理学-ndlsh-01151779
一般件名カナ ニュウヨウジシンリガク-01151779
一般件名 欲求 , 発達心理学 , 心理学-実験
一般件名カナ ヨッキュウ,ハッタツ シンリガク,シンリガク-ジッケン
一般件名典拠番号

511448700000000 , 511309600000000 , 510995410040000

分類:NDC9版 141.74

目次

序章 わたしを律する-抑制機能という視点から-
はじめに
1 実行機能と抑制機能
2 抑制機能の神経基盤
第1章 抑制機能の発達
1.1 発達心理学における抑制機能
1.2 抑制機能の発達に関する神経科学的証拠
1.3 乳児期における抑制機能の発達
1.4 就学前期における抑制機能の発達
1.5 就学期以降における抑制機能の発達
1.6 抑制機能と発達障害
1.7 本書の目的
第2章 抑制機能と社会的知性の発達
2.1 抑制機能と心の理論
2.2 抑制機能と社会的知性の発達
2.3 抑制機能とコミュニケーション発達
2.4 抑制機能と肯定バイアスに関する検討
2.5 社会的世界における抑制機能の役割(1)
第3章 抑制機能と他者の行動
3.1 子どもにみられる過剰な社会性
3.2 脳損傷患者にみられる模倣行動
3.3 抑制機能と模倣行動
3.4 抑制機能と他者の行動に関する検討
3.5 抑制機能とメディアに関する検討
3.6 抑制機能と他者
第4章 抑制機能と物理的刺激
4.1 刺激の種類
4.2 社会的刺激に対する感受性
4.3 ロボットは子どもの行動に影響を与えるか
4.4 社会的世界における抑制機能の役割(2)
第5章 抑制機能と文化
5.1 文化と認知発達
5.2 氏か育ちか-抑制機能の場合
5.3 抑制機能の発達に文化差はあるか
5.4 カナダと日本の文化比較
5.5 抑制機能と文化
第6章 ヒト以外の動物における抑制機能
6.1 ヒト以外の動物における前頭前野
6.2 ヒト以外の動物における抑制機能
6.3 チンパンジーにおける抑制機能
6.4 チンパンジーにおける心の理論
6.5 チンパンジーとヒト幼児の比較研究
6.6 抑制機能の進化
第7章 抑制機能の発達的意義
7.1 得られた知見のまとめ
7.2 社会的世界における抑制機能の発達的意義
7.3 社会的世界における抑制機能の進化的意義
7.4 子どもの社会的感染に関する進化発達的考察
7.5 抑制機能に関する研究の限界と可能性