亀井 明徳/著 -- 六一書房 -- 2014.2 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 3FB美術大型開 D/ 751.2/ 5092/ 2014 7104442383 和図参調 配架図
可否可   2014/09/15 0

中央図書館1~3階は工事のため、立ち入れません。
配架図を印刷してカウンターで出納依頼してください。

資料詳細

ISBN 4-86445-036-2
ISBN13桁 978-4-86445-036-2
タイトル 中国陶瓷史の研究
タイトルカナ チュウゴク トウジシ ノ ケンキュウ
著者名 亀井 明徳 /著
著者名典拠番号

110000292850000

出版地 東京
出版者 六一書房
出版者カナ ロクイチ ショボウ
出版年 2014.2
ページ数 4,564p
大きさ 31cm
価格 ¥29300
内容紹介 南北朝後半から、隋・唐・五代・宋にいたる、およそ700年間の中国陶瓷史に関する考古学的研究の成果。各時代において主導的役割を担った陶瓷に視点をしぼり、それらを個別に詳述することによって中国陶瓷史を叙述する。
書誌・年譜・年表 中国陶瓷史文献目録:p524~539
一般件名 陶磁器-中国-歴史-ndlsh-00607434
一般件名カナ トウジキ-チュウゴク-レキシ-00607434
一般件名 陶磁器-中国
一般件名カナ トウジキ-チュウゴク
一般件名典拠番号

511241221000000

分類:NDC9版 751.2

目次

Ⅰ 南北朝青瓷の展開と白釉陶瓷の創造
1.南北朝期貼花文青瓷の研究
2.北朝-隋・初唐期罐,瓶の編年的研究
3.武寧王陵随葬青瓷杯再考
4.北朝・隋代における白釉,白瓷碗・杯の追跡
Ⅱ 隋唐白釉陶瓷の推移と三彩陶の形式
1.隋唐期竜耳瓶の形式と年代
2.隋唐期陶笵成形による陶瓷器
3.隋唐水注・浄瓶・罐の形式と編年
4.隋唐弁口瓶・鳳首瓶・銀瓶の形式と年代
5.隋唐扁壺の系譜と形式
6.三彩陶枕と筐形品の形式と用途
7.隋・唐・奈良期における香炉の研究
8.日本出土唐代鉛釉陶の研究
9.渤海三彩陶の実像
Ⅲ 唐宋代青瓷の系譜と編年
1.越州窯と竜泉窯-転換期の青瓷窯
2.唐代玉璧高台の出現と消滅時期の考察
3.唐代の「秘色」瓷の実像
4.続・日本出土の越州窯陶瓷の諸問題
5.竜泉窯青瓷創焼時期の具体像
6.元豊三年銘青瓷をめぐる諸問題
7.12世紀竜泉窯青瓷の映像
8.北宋早期景徳鎮窯白瓷器の研究
9.日本出土の吉州窯陶器について