長谷川 寿一/監修 -- 東京大学出版会 -- 2015.5 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 2F開 / 371.4/ 6061/ 2015 7105845111 和図参調 配架図
可否可   2015/06/23 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-13-011141-6
ISBN13桁 978-4-13-011141-6
タイトル 思春期学
タイトルカナ シシュンキガク
著者名 長谷川 寿一 /監修, 笠井 清登 /編, 藤井 直敬 /編, 福田 正人 /編, 長谷川 眞理子 /編
著者名典拠番号

110001994640000 , 110004605520000 , 110004518450000 , 110004217770000 , 110000786760000

並列タイトル The Science of Adolescence
出版地 東京
出版者 東京大学出版会
出版者カナ トウキョウ ダイガク シュッパンカイ
出版年 2015.5
ページ数 4,353p
大きさ 21cm
価格 ¥4200
内容紹介 コミュニケーションを重視し、社会への一歩を踏み出すとともに、悩み、傷つき、抑えきれない衝動に駆られるのはなぜか? 10~20歳頃の心・からだ・脳の成長とその背景に多面的に光を当てる。
一般件名 青年心理学-ndlsh-00570358
一般件名カナ セイネンシンリガク-00570358
一般件名 青年期
一般件名カナ セイネンキ
一般件名典拠番号

511067900000000

分類:NDC9版 371.47

目次

序章 総合人間科学としての思春期学
コラム1 現代の「フツーの子」の思春期
Ⅰ・進化学からのまなざし
第1章 思春期はなぜあるのか
コラム2 少年犯罪
Ⅱ・発達科学からのまなざし
第2章 思春期発達の基盤としてのアタッチメント
第3章 思春期のアイデンティティ形成
第4章 思春期の発達教育心理学
第5章 思春期の発達疫学
コラム3 英国の双生児出生コホート研究-「生涯発達の時間軸」と「遺伝・環境の相互作用」
第6章 思春期のホルモン変化
第7章 思春期の心と体の発達
コラム4 双生児研究と思春期
Ⅲ・脳科学からのまなざし
第8章 脳の思春期発達
第9章 言語・コミュニケーションの思春期発達
第10章 思春期における自我の確立とその脳基盤
第11章 社会性の神経基盤
第12章 報酬系の神経基盤
第13章 思春期と発声学習
コラム5 エピゲノム研究
Ⅳ・精神病理学からのまなざし
第14章 統合失調症
第15章 気分障害
第16章 発達障害
第17章 摂食障害
第18章 依存症
コラム6 思春期のメンタルヘルスリテラシー
Ⅴ・体験・現実を乗り越えて
第19章 回復とは何か
第20章 病の受け入れに対する一般市民の潜在能力と可能性
第21章 「困った時に人は助け合う」行動の科学
コラム7 思春期についての精神分析的理解
Ⅵ・学問分野の融合による思春期学の発展
第22章 青年心理学との融合
第23章 思春期学と社会医学
コラム8 実験社会科学