-- -- 20170401

所蔵

所蔵は 2 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 閉架 / フンケイシユンシユウ/ / 7108689754 和雑参調
可否否   2017/03/09 0
多摩 閉架 / フンケイシユンシユウ/ / 7108694020 和雑参調
可否可   2017/03/10 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

タイトル 文芸春秋
出版者 文芸春秋
出版者カナ ブンゲイシュンジュウ
出版年 1923.1-
刊行頻度 月刊

巻号詳細

雑誌コード 07701-04
95巻
4号
年月次 2017年4月
発行日 20170401
大きさ 21cm
価格 ¥880
特集内容 「明治百五十年」美しき日本人50人

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
金正男暗殺事件 立花隆 77
AIは新しい“神”か 山折哲雄 79
キンキンがそこにいる うつみ宮土理 80
戦国武将に学んだ学校経営 二木謙一 82
『沈黙』と演出 笈田ヨシ 84
二〇一七年春、東京のデヴィッド・ボウイ 野中モモ 86
廃線と甘エビ 三國清三 88
さわやかだった彼-谷口ジロー追悼 関川夏央 90
負けないための「知恵」 塩野七生 92
豊洲移転を決断せよ 石原慎太郎 94
金正男暗殺 正恩の焦りと狂気 牧野愛博 104
ヤマト運輸は「ブラック宅急便」だ 横田増生 114
特集 トランプは破壊者か革命家か
「真珠湾攻撃」の悪夢が甦る 半藤一利 125
私を育てた「理想の国」復活を願う 国谷裕子 130
「暴言」はアメリカ人の本音だ 小池百合子 135
中国を敵に回すことはない 出井伸之 139
日米安保のあり方を提起せよ 石破茂 144
世界の貿易ルールが変わる 佐々木毅 148
「イチロー打法」で迎え撃て 野田聖子 152
トランプの本性は「リベラル」だ 橘玲 155
「経済対話」で妥協するな 榊原英資 160
白人ファースト再来の危うさ 石原慎太郎 164
ツイッターで政治は劣化する 渡辺恒雄 167
文科省国立大「現役出向」241人リスト 河野太郎 176
「平成三十年」は官僚がダメにした 堺屋太一 188
永久保存版 「明治百五十年」美しき日本人
秋山好古 教育者となった「日本騎兵の父」 秋山哲兒 241
武者小路実篤 お金に頓着しない自由人 武者小路知行
竹山道雄 現実直視の防衛論 佐瀬昌盛
萩野吟子 日本初の女医の突破力 広瀬玲子
渋沢栄一 「論語と算盤」の神髄 渋澤健
瀧廉太郎 二十三歳で天折した名作曲家 松本正
藤田嗣治 パリで歌っていた都都逸 福田満
杉浦茂峰 台湾で神様になった飛行士 乃南アサ
若泉敬 沖縄での自決を考えた「国士」 谷内正太郎
宮沢賢治 「雨ニモマケズ」に込めた祈り 宮沢和樹
植村直己 エスキモーへの心からの敬意 湯川豊 262
榎本武揚 「君恩未報逢今日」の思い 榎本隆充
徳富蘇峰 われらの内なる蘇峰を省みよ 門井慶喜
金子直吉 「財界のナポレオン」は借家住まい 金子直三
石井筆子 鹿鳴館の花から障害者教育へ 米川覚
菊田一夫 「バカ野郎先生」の遺言 浜木綿子
羽生三七 歴代首相を感服させた野党議員 曽我豪
大岡昇平 「レイテ戦記」の地を訪ねて 澤地久枝
梅棹忠夫 失明を乗り越えた「知的生産」 東谷暁
團琢磨 三池炭鉱近代化への執念 西村健
白洲次郎 「従順ならざる日本人」の流儀 青柳恵介 284
前田光子 阿寒湖を守ったタカラジェンヌ 笠井亮平
星一 製薬会社に無料の学校創設 星マリナ
西堀榮三郎 南極越冬を叶えた「技術」 西堀岳夫
大原孫三郎 労働者の幸せを突き詰めた 大原謙一郎
津田梅子 六歳で留学した女子教育の母 石井妙子
三島海雲 特許を取らなかったカルピス 小山洋之介
榎本健一 義足になっても「喜劇王」 笹山敬輔
近藤兵太郎 甲子園を席巻した台湾チーム 古川勝三
齋藤秀雄 絶対に妥協しない指揮者 小澤征爾
高峰秀子 人の時間を奪うことは罪悪 斎藤明美 306
陛羯南 正岡子規が師事した言論人 上村洋行
中村三徳 あいりん地区を改善した警官 鮫島隆紘
武内忠男 水俣病研究に懸けた生涯 衞藤光明
下村治 死の床で信じた「民の力」 下村恭民
秋山徳蔵 「天皇の料理番」の炒飯 蜂谷三郎
副島種臣 清国の旧弊を打破した胆力 占部賢志
中村久子 「達磨娘」はあきらめない 三島多聞
田中智学 「八紘一宇」の真の教え 田中壮谷
小泉信三 ハンセン病患者へ野球の贈り物 山内慶太
双葉山定次 「後の先」を貫いた土俵人生 三宅充 328
大宅壮一 大衆の側から半歩先を見る 大宅映子
今村均 南方の刑務所に戻った「聖将」 今村和男
宮崎龍介 親子二代で尽くした日中友好 宮崎蕗苳
緒方八重 福澤諭吉が慕った「おっかさん」 松永和浩
福田恆存 物事の本質を見据えた「言葉」 福田逸
前田光世 開拓の父となった「格闘王」 神山典士
石井十次 孤児院創設からユートピア建設へ 児嶋草次郎
中山マサ 女性大臣第一号誕生秘話 中山正暉
五代友厚 大阪を商部に育てた功労者 五代富文
大谷翔平の父、大いに語る 大谷徹 202
わが人生は愛馬とともに 北島三郎 212
福島原発最前線「Jヴィレッジ」のいま 開沼博 364
この人の月間日記
映画と小説を産み出す日常 川村元気 374
50年後のずばり東京<8>ひばりが丘団地「夢の跡」 奥野修司 350
地方は消滅しない<8>熊本県水俣市 葉上太郎 382
ベストセラーで読む日本の近現代史 佐藤優 390
BOOK倶楽部
鼎談書評 山内昌之 394
今月買った本 平松洋子 402
著者は語る 404
新書の窓 405
赤坂太郎 224
丸の内コンフィデンシャル 230
霞が関コンフィデンシャル 234
世界経済の革命児 大西康之 220
日本語探偵 飯間浩明 187
数字の科学 佐藤健太郎 175
旬選ジャーナル 清水潔 432
オヤジとおふくろ 430
スターは楽し 芝山幹郎 436
考えるパズル 201
三人の卓子 456
詰将棋・詰碁 408
マガジンラック 388
広告情報館 448
蓋棺録 452
目・耳・口 438
新世界地政学<68> 船橋洋一 222
人声天語<166> 坪内祐三 450
文字に美はありや<最終回> 伊集院静 237
大名倒産<13> 浅田次郎 406
大獄<16> 葉室麟 418
グラビア
日本の顔 奥村旭翠
同級生交歓
中野京子の名画が語る西洋史<56>荒々しい馬市 中野京子
羽生結弦 美しき挑戦者2010-2017
もう一人の家族<122>宮川一朗太
名作×名食<58>檀一雄
小さな大物 近藤正臣
文春ラウンジ ゴルフ賢人塾
短歌 永田紅 81
俳句 高野ムツオ 85
清水あすか 89